薫る紙

e0111688_11595540.jpg



昨日ソイ(大豆)インクの話題が出ましたので引き続きインクの話。
(ちなみにこれ、大豆インクの登録商標です。シールもあるみたい)
今後どんどん減っていくであろう印刷物のニーズは最終的に二極化
していくと思うんですよ。つまり、安く早く大量に生産するラインと、
これは印刷会社でないと、自宅のpc&プリンタじゃできないなという
はっきりとした付加価値があるものと。弊社の場合、前者は外注に
頼っていけばある程度実現できるでしょう。では後者は?と思った時
単純に「素材かな?」と思いました。紙かインクか…紙は印刷機との
相性があるので(酷い時は壊れます)インクなら前述のソイインクは
時代にマッチしていてしかも安価…。処分する時も有害物質が出ず、
すぐに土に分解されてグーd(- -)。 他にも面白いインクはないかと
工場の人に聞いてみたらありました! 印刷用のニスなんですけど、
香りが付いているんです…。女性誌ではたまに香水の広告などで
見かけますが紙をこすると香りがするんですよね…花や果物等の。
変わったところでは「チョコレート」「土壁」「カレー」「青竹」…
青竹って香るっけ?土壁ってどんなニオイ?? 奇抜すぎる物は正直
どうかと思いますが、新商品は色々な切り口から考えたいものです。
[PR]

by sato-june | 2007-07-12 22:06 | 商品  

<< 日本のおじさま劇場 タイフーン! >>