営業のA君のこと

e0111688_1733255.jpg






ジンクスは気になり出すと気にしすぎる方なので、あまり
考えたくはないのですが、営業のA君の仕事を担当すると
ミスを出す確率が高い…という、私独自の傾向があります。
こんなこと初めてなのですが、名刺の裏面を忘れてしまい、
A君から内線がかかってきて慌てて作り直しました…(- -;
なぜでしょう?いわゆる凡ミスをやらかしてしまうのです。
そうなるとお客さんからのクレームは当然営業に行く訳で、
社内でも指折りのイケメンと噂のA君はその度にお客様の
サンドバッグとなり、頭を下げ、納期や金額を交渉します。
本当、申し訳ないです… いつだかの暮れにも、完成した
年賀状を自分のデスクに置き、昼休みに社を出たのですが、
運悪くその合間にお客様が取りにみえ、担当デザイナーは
いないのか!と玄関で怒鳴られたのも、後から聞けばこの
件には全く関係ないA君だったのでした(- -;別に以前彼に
泣かされた覚えもないですし(無いよなあ)、だから当然
故意でもなく(当然ですけど)ただ単に組み合わせが悪い
のかもしれません…勿論A君にとって、です。そんな彼も
先日結婚しまして、それも私と同じ結婚記念日…。何やら
どす黒い縁を感じずにいられないこの頃です。来年からは
大々的に結婚記念日・合同祭を開催しよう!と持ちかけて
みるつもりです。おそらくきっぱり断られるでしょうが。
[PR]

by sato-june | 2007-10-23 17:38 | つれづれ  

<< それよりももっとスゴイことが 海の生物、大暴走 >>