30代、女。会社員、一児の母。

これからの人も過ぎた人も、30歳を考える「三十記」

30歳の誕生日の時はやはり何とも言えない喪失感が
あったものの、30代以降はとても生きやすくなった
自分です。何が苦しいかって「迷う」ことが苦しく、
焦るし、おまけに物事のコツやコトワリが分かって
いないので、それを体得しなければならない20代は
我ながら相当滅茶苦茶なものだったと思います(-^-;

子育てや仕事、何より暮らしのノウハウをひと通り
網羅した(おそらく…)今、毎日が楽しいと思える。
「三十記(みそき)ウェブサイト」ではいろいろな
30代の声が聞けるそう。ゆっくり見てみたいです…
[PR]

by sato-june | 2007-11-27 12:54 | ニュース  

<< 自虐の詩 でんこちゃんもニッコリ >>