2007年 11月 02日 ( 2 )

 

ハッピーメール裏話

e0111688_16552786.jpg








ところでこのハッピーメール。コンビニなどでも
同じようなサービスはありますし(安いですし)、
写真屋さんでも、今年からは郵政民営化に伴って
郵便局でも同様のサービスを開始するそうです。
印刷屋としてはどういうところに付加価値を付け、
差別化を図るかというところなのですが、やはり
最大のメリットは「写真の修整」これに尽きます。
お客様が持ち込まれるお写真は、デジカメにせよ、
ネガ&プリントにせよ、ほとんどのものが修正&
調整を必要とします。よっぽどプロが撮った物で
ない限り、これは当然のことですd(- -) 調整の
内容は様々で、全体的に画が暗い、逆に明るすぎ、
青や赤が強い、ピンぼけしている、細かいゴミが
ついている、顔色が悪い(カメラのせいなのか、
ありのままのご本人なのかは不明)画像が荒い…
とざっと思いつく限りでも相当あります。あとは
電柱消してとか、切れてる手&顔を足して、とか
特殊加工が必要な世界ですね(- -;写真屋さん・
印刷屋以外のサービスでは基本的にこれら調整を
何もしないままお写真を組み入れる訳ですから、
出来映えはかなり違ってきます。あとはお客様の
判断で、料金か品質か…ということになります。
[PR]

by sato-june | 2007-11-02 12:56 | 商品  

森の小人さん?

公共機関で、子供を「小人」と書くのはなぜ?

結局のところ、理由はよく分からないらしい…
弊社でも観光施設のチケットなど作ることも多く、
その度に(これ何て読むんだろ?「こども」じゃ
ダメなの?)なんて思いつつキーを打ってます…
「しょうじん」って打つと出てきますね。ん〜、
普段は使わないなあ。童話の中で「こびと」って
こう書きませんでしたっけ?だから私は思わず、
この字を見ると(こびと…)って読んでしまう。
「オトナ1,000円、コビト800円…」って感じで
とんがり帽子の小人達がぞろぞろ水族館なんかに
入っていくところを想像してしまうんです(- -;
[PR]

by sato-june | 2007-11-02 12:44 | ニュース