カテゴリ:ニュース( 123 )

 

ファミマが好き

ファミマ 値上げ品対象にセット割引 追加買い誘う

スーパーは特売日や特売商品を設けたり、夕方以降
どんどん値下げして惣菜類を売り切ったり、独自に
値段を変動して融通を利かせていますが、コンビニ
って基本的に定価のみで大変だよな…とはかねがね
思っていました。多少は値引き商品もありますが…
まあ買う方も多少高くても「便利料」と割り切って
買うんだろうけど…。ファミマが打ち出した今回の
「抱き合わせ」企画、結構イケてるんじゃないかと
思います。そう言えば小麦関係、値上げでしたね…

普段からファミマは好き。無印も入ってるしね(^-^)
近所にLソンとガチンコ対決のごとく向かい合って
建ってますけど、緑の看板の方に入っちゃいますね…
[PR]

by sato-june | 2007-12-27 08:38 | ニュース  

書を捨てよ、とは言いますが。

新宿と渋谷に奇妙な「壁新聞」出現

広辞苑ってまともに使ったことないんですよね…
だって、重そうじゃないですか(- -;高そうだし。
23万語も掲載されているんだもの、当然ですね。
最近辞書をひくことを覚えた息子がサッカー用語
ばかり探して「ない」とか言ってますが当たり前
だろう(笑)でも辞書って眺めてると結構面白い
ですよね… 尊敬語とか謙譲語とか丁寧語とか、
見てると(あっ…間違えてた)と思うこと多し。

最近気付いたんですが、私って怒りっぽいかも?
いけない、歳と共に偏屈じいさんみたいになって
きているのかしら(- -;美容にも悪いだろうし、
気をつけよう… 天然ボケのはずだったのに…。

年賀状もこれで最後だろうな〜…と思っていると、
滑り込みで入ってくるお仕事が後を絶ちません。
これから書くのだろうか…と心配している自分も
まだ一枚も書いてないっヽ(`Д')ノ 靴屋の女房は
裸足で歩き、医者の妻は早く死ぬ、なんてヒドイ
ことわざがありますが、印刷屋は自分の年賀状を
書いてる暇がない…!皮肉な話ですが、本当の話。

e0111688_17543971.jpg
[PR]

by sato-june | 2007-12-26 17:51 | ニュース  

イブイブ決戦、所感…

M—1グランプリ サンドウィッチマンが優勝

見ましたよ、イブイブ決戦… 年々小さくまとまって
ゆく感は否めませんが、結局は実力のある漫才らしい
漫才が古株・有望株を押さえてグランプリを取る、と
いう図式ですね。まあ正しいんじゃないでしょうか…。
トータルテンボスに取らせてあげたかったな〜…とか、
ザブングル加藤の顔は面白いと言うより怖いとか雑感
数知れず。個人的にはPOISON GIRL BANDみたいな
マイペース不条理系が好きですけど、日の目は見まい。
暮れの一時、楽しませて頂きました。今日は仕事です…
[PR]

by sato-june | 2007-12-24 08:37 | ニュース  

印刷会社の者としては

年賀はがき1億枚を追加 発行枚数、4年ぶりに増加

印刷会社の社員としては喜ぶべきニュースなのか
と思いますが、郵便局で働いてる知人などがいて
舞台裏を垣間見た者としては、(可哀想に…)と
内心思ってしまいます。一見輝かしい事実の裏に
とんでもない無理があるんじゃなかろうか(- -;
増えなくても良いから、減らなければ十分なのに。
(うちでは4面連刷に印刷してカットしています)
[PR]

by sato-june | 2007-12-22 08:33 | ニュース  

折り紙もアダルトに

「おとなのおりがみ2」 今度は宝くじバージョンも

折り紙… 昔から好きだったんですよねえ。(ほら、
「紙は女の命」ですから(- -)v)きれいに角と角を
合わせてまっすぐにすうっと折って…袋折り部分の
スリルがたまらないんですよね(笑)細心の注意を
払えば払うほど見事な仕上がりに。知らないうちに
折り紙から人生まで教わっていたのかもしれません。

この仕事をしていて、時々その資質について考える
ことがあるんですが、基本的に慎重で機械好きなら
できる仕事なんですが(たぶん)、それに加えて
手先が器用で片付け上手だったら尚良し、ですね…
サンプルを作ったり、時には製品そのものも自分で
切ったり貼ったりして納品することも多いですし、
PCの中も外も山のような資料に埋もれるので常に
整理したり捨てたりしないと何が何だか分からなく
なっちゃうんです… 自然、性格も細かくなります。
私の場合、根がサザエさんなので結構苦労してマス。
[PR]

by sato-june | 2007-12-21 13:03 | ニュース  

さっぱりわからない

福山「湯川」で越年、ドラマから映画へ

「さっぱりわからない」…は湯川さんの口癖で、
このドラマが人気があるのはよくわかります(笑)
小気味よく進むハラハラのストーリー、科学的に
トリックやアリバイを解き進んでいく数学的快感、
加えてメイン二人のほのかなラブ・ストーリー、
多彩なゲスト陣…と見どころ満載、フジのゲツク
ならではの作りに知性の要素が加わったある意味
傑作なのです。「怪しげなのに複雑すぎない」、
そのさじ加減が非常にテレビ的というか、丁度
良かったんでしょうねぇ… なんて、自分自身
久しぶりに家族と一緒に続けて観てました(^-^;
今夜、最終回ですよね。単純にワクワクします。
[PR]

by sato-june | 2007-12-17 13:03 | ニュース  

あ〜あ…

印税でヌクヌク?M−1で敗退

今朝のニュースでも…がっかりですよ(T T)
[PR]

by sato-june | 2007-12-11 08:33 | ニュース  

ジャンボリー。

身長12・6メートルのXマスの人形、誘拐される

3階建てぐらいの大きさのモノを見て、
「これ、欲し〜…」って思うかな(^-^;
彼女に良い所を見せたくて、こっそり
飛行機に乗り込んで走らせて御用って
ニュースも最近ありましたが、みんな
欲望のままに行動しすぎじゃ…(笑)
年の瀬だと気も大きくなるのかしら?
[PR]

by sato-june | 2007-12-07 08:36 | ニュース  

細かすぎて伝わらない…

「朝ドラあけのアナウンサーの表情」のナゾ

結局これって勘違いみたいなんですけど(笑)
ちょっと関係ない話ですが、「細かすぎて
伝わらないものまね選手権」という某番組の
コーナーで「感情が入りすぎて結果が分かって
しまう川平慈英のVTRフリ」という物真似が
笑えました。キャスターの責任って重大です
(笑)極力ニュートラルでいて欲しいです…
[PR]

by sato-june | 2007-12-06 12:13 | ニュース  

バンド黄金期、青春時代

イカ天17年ぶり復活!秘蔵VTR放出

うわ、懐かし!相原勇が40歳、びっくり!(+ +)
私達が高校生の頃ですもんねぇ…それぐらいか。
BEGINとかフライングキッズとか、考えてみれば
大物揃いでしたよね… 今では性格俳優となった
山本太郎とかも、それこそ小島よしおを思わせる
半裸姿で「キュ〜!」とかやってましたもんね…
って恐らく若い方々にはさっぱりでしょうけど…
(^-^; まあ…みんな若かった、ということです。
マルコシアスバンプとか、何してるんでしょう?
「たま」はそれぞれ上手に文化人になってそうだ…
[PR]

by sato-june | 2007-12-04 08:34 | ニュース