出力デイ

お疲れ様です〜。今日はここ数日の仕事たちが次々にOKになり、
フィルム出力に追われた一日でした。何回製版室へ行ったことか。

トリム(トンボ)作成から始まったお仕事は、最後にフィルムで
出力して無事終了…となります。(製版課ではそこから版を作り、
工場で印刷、断裁…となるのですが。)しかしここが意外と難関。

PCのモニタや校正紙では分からないミスが、ここで浮き彫りに
なったりするんですね〜… 版画と同じですよね。刷り上がりは
分からない。しかしここで間違いを正さないと、製品化されたら
取り返しの付かないことに…! そう、ここが最後の砦なのです。

製版課のドアを「フィルム出ました?」と言いながら開ける時。
それは分娩室に「生まれました?」と言いながら入って行く時の
父親の気持ちに似てると思う。遂にわが子とご対面〜みたいな…
そんなちょっとした緊張と喜びを味わうのが出力の時なのです。
[PR]

# by sato-june | 2007-01-18 17:43 | お仕事  

オンデ係

オンデ… それは分かりやすく言えばカラーコピーのすごいヤツ。
受注の部数が少ない時にリーズナブルかつ迅速に対応できるので、
意外と需要があるのです。そして…私に仕事が回ってきます 涙

カラー名刺やハガキ、簡単なチラシなどは「佐藤さん、これやって。」
って課長に言われるんですよね。他の人より担当もわりと少ないので、
小間物仕事には打ってつけ♪と思われてるんでしょうね。イエス、ボス…

今日もいくつかあったんですが、指定された紙に少し問題がありまして。
…薄いんですよね。で、若干コートがかかってるからちょっとツルツルで。
コピー機の中って温度が高いんですよね。そのせいか、もしくはインクを
定着させる成分のせいか、紙がよれよれになっちゃう。インクもにじむし…

ああだこうだと試行錯誤する時間っていうのも大事なんでしょうけど、
度も過ぎれば損益になるのは当然の成り行き。それなら初めから通常の
印刷に回した方が良いんじゃないかな〜…と現場としては思うのですが。
『鶴の恩返し』の機織りのように、秘められた実作業はええ、地道ですよ。
[PR]

# by sato-june | 2007-01-17 22:54 | お仕事  

ぐずぐず

はあぁ… 仕事が終わらない(+ +) 長丁場に
なってる仕事って相当モチベーション上げないと
嫌になりかける。面倒臭いとか、思う隙を自分に
与えてはいけない… 何も考えずに、とにかくやる。
これって家事も同じなんですよね。嫌だなあ…とか
思った瞬間に負け。とにかくやる。ひたすらやる。

毎月某スーパーのカレンダーを担当してるんですけど、
これが意外と手間がかかるんですよ… 品の良さを
求められるので、子どもっぽくならないように注意して。
表のカレンダー部分は3色、裏の広告面はスミ1色。
ひな形はできてるんですけどね。広告面の商品写真を
ずっと待っていたり。来たら来たで作業は急ぎだし…

って訳で何とか片が付きました。これにて終業ですっ。
[PR]

# by sato-june | 2007-01-15 17:47 | お仕事  

春の兆し

本日のお仕事。桜祭り用大型バスの案内図。
隣町・河津町のお仕事ですが、こんなお仕事が始まると
あ~もうすぐ春なんだなあ…としみじみします。

旅館のDMも「雛と桜と金目鯛!」なんて謳い出し、
なんて思い切ったコピーなのかしら…と思いつつも
んん~春ね、なんて嬉しくなります。だって寒いんだもの!

靴下を2枚重ねてもブランケットで足を巻いてもヒュー…
皆さん、職場のデスクの足元に何か置いてます?
電気ストーブとか小さいファンヒーターとか、何かしら
仕込みたいものです。同僚の一部はそうしていますが。

足が冷えてくると我慢できずに、椅子の上に正座(恥)
冬になると時々座高が高くなるのはそのためなのです。
[PR]

# by sato-june | 2007-01-12 22:59 | お仕事  

はじめまして

1が3つで幸先良さそうな本日、ブログを開設いたしました。
タグもトラバもよく分からないのですが、追々お勉強して
いこうと思っております。どうぞ宜しくお願いします。

弊社・サン印刷に入社しまして早4年。
遅いデビュー(というか、社会復帰)でしたので、
やっとこDTPの何とやらをもんやりと把握したところです。

そもそもダークサイドのサザエさんみたいな性格なので
負の武勇伝には事欠きません。こんな人でも世の中
生きていけるんだなーと思って頂けたら良いかと。

ではではちょこちょこ更新いたしますので、
どうぞ宜しくお願いいたします。
[PR]

# by sato-june | 2007-01-11 13:00 | つれづれ